中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SF映画の金字塔であり私も大好きな1982年に公開された「ブレードランナー」の続編が製作されるそうです。
    しかし私としては複雑な心境で手放しに喜べません。
    なぜなら「ブレードランナー」は監督リドリー・スコットの強いこだわり、それを実現しようと奮闘したスタッフの努力、シド・ミードによる優れたデザイン、俳優陣の熱演、ヴァンゲリスの素晴らしい音楽、それらが合わさり奇跡的に出来上がった作品だと思うからです。
    今回リドリー・スコットは制作総指揮にまわり監督はドゥニ・ビルヌーヴが務めるそうです。
    また今作でもハリソン・フォードがブレードランナー役で出演する事が決定しているそうです。
    ハリソン・フォードはさすがに歳を取り過ぎているのではないでしょうか。まぁ見せ方にもよるとは思いますが。
    製作されると決定された以上今後に注目せざるを得ませんが「ブレードランナー」の伝説にキズを付けない作品にして欲しいと思います。
    尚リドリー・スコットは「プロメテウス」の続編を作り監督を務めるそうです。こちらも微妙(笑)。
    「ブレードランナー」が何か分からない人はこちらをご覧下さい。

    1982年公開「ブレードランナー」予告編
    スポンサーサイト

    【2016/04/24 02:21】 | 映画
    |
    1996年の大ヒット映画「インデペンデンス・デイ」の続編が今年の夏いよいよ公開されます。

    監督は前作と同じくローランド・エメリッヒが務めています。
    - 20年前の戦いで辛くもエイリアンを撃退した人類は団結し再びの襲撃に備えていた。エイリアンのテクノロジーを利用し防衛システムも構築していた。そして彼らは再びやって来た。人類の予想を遥かに上回る戦力で・・・。 -
    予告編を見る限りなかなか面白そうです。
    映像はかなり迫力ある物になっている様です。
    しかしエイリアンのテクノロジーを取り入れたという事で戦闘機や他の武器が完全に架空の物になりリアリティが無くなってしまったのは少し残念です。
    また前作では圧倒的なテクノロジーを持つエイリアンに対し人類が既存の武器を使い知恵と勇気で立ち向かうという構図が燃えたのですがそういう意味合いも薄れてしまうのではないかと思います。
    そして前作で最後の戦いを大いに盛り上げた大統領の演説に代わる何かを用意出来たのかが気になります。
    それにしても前作であんなにかっこよかった大統領が20年の間に随分歳を取ったなという印象です。

    【2016/03/04 22:38】 | 映画
    |
    今日はクリスマス・イブですが私はクリぼっちなので無視して行きます(笑)。
    「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観て来ました。

    想像以上に面白かったです。
    制作会社や監督が変わって心配してたのですがスターウォーズとして王道な作品に仕上がっていました。
    詳しくは言えませんが「エピソード4 新たなる希望」とよく似た構成になっています。
    主演の二人も映画を観るまではイマイチかなと思っていましたがなかなか良かったです。
    特にヒロインのレイを演じたデイジー・リドリーが可愛い上にカッコイイです。
    そして旧作ファンに嬉しいのがレイア姫やハン・ソロといった懐かしいキャラクターの登場です。そしてルークは・・・。
    勿論R2-D2やC3POも出ます。
    戦闘シーンの迫力は格段に上昇した感じがし特にXウィングの空中戦は燃えます。
    旧作ファンも大事にしつつ新たな伝説の始まりを感じさせる作品に仕上げたJ・J・エイブラムス監督の手腕は流石だなと思います。

    【2015/12/24 16:45】 | 映画
    |
    8月1日公開の映画「進撃の巨人」前編。

    後篇は9月19日公開だそうです。
    超大型巨人は大迫力で設定では120mあるそうです。
    漫画、アニメの大ヒットを受けて満を持しての実写映画化ですが日本人ばかりのキャストにはやや違和感を感じます。
    日本の特撮映画の凄さを見せ付けてくれる様な映画になればいいのですが。

    【2015/04/19 22:34】 | 映画
    |
    8月7日公開予定の映画「ジュラシック・ワールド」。

    「ジュラシック・パーク」シリーズ第4作目でストーリーは第1作の22年後が舞台となるそうです。
    第1作は衝撃的で面白かったけど第2作、第3作はあまり印象に残っていません。
    今作で製作総指揮として帰ってきた第1作監督スティーヴン・スピルバーグと新鋭監督コリン・トレヴォロウは第1作を超える様な作品が作れたのか注目されます。
    なんだかんだ言っても今年は映画の当たり年になりそうで楽しみです。

    【2015/04/08 20:56】 | 映画
    |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。