中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    先日、仕事の帰りに岡山市北区新庄下の造山古墳に行って来ました。
    DSC_1570.jpg
    造山古墳は5世紀前半に造られたとされる墳丘長約350メートルにも及ぶ前方後円墳で全国でも4番目の規模になるそうです。

    駐車場で出迎えてくれる「吉備の大王」の像
    DSC_1494.jpg
    銅像かと思って触ってみたらプラスチック製の様でした(笑)。

    駐車場から民家の間を通って東側の上り口から前方部に上がりました。
    この前方部には石棺と石棺蓋があります。
    DSC_1510.jpg

    石棺蓋
    DSC_1511.jpg

    何か模様がある様にも見えます。
    DSC_1512.jpg

    そして石棺
    DSC_1516.jpg
    残念ながらこの石棺がこの古墳から出てきた物かどうかは判らない様です。
    そもそも古墳内部の本格的な学術調査は行われていないそうです。

    そしてこの前方部からは陪塚と呼ばれる小型の古墳がいくつか見えます。
    DSC_1521.jpg

    DSC_1527.jpg

    ここから後円部に向かいます。
    DSC_1505.jpg

    後円部が近付いて来ました。
    DSC_1540.jpg
    なんだかワクワクします。

    後ろを振り返ると前方部がよく見えます。
    DSC_1557.jpg
    緑と夕日のコントラストが綺麗でした。

    後円部から周囲を見渡すと田植え前で水を張ったばかりの田んぼが綺麗でした。
    DSC_1546.jpg

    DSC_1545.jpg

    DSC_1543.jpg

    造山古墳の北東方向の先には羽柴秀吉の水攻めで有名な高松城跡があります。
    DSC_1542.jpg
    この後円部には毛利方の陣地が築かれていたそうです。

    夕日に浮かび上がる造山古墳と「吉備の大王」の像
    DSC_1573.jpg

    今回造山古墳に来てみてその規模の大きさを改めて実感しました。
    自由に立ち入れる前方後円墳としては日本最大だそうです。
    吉備の地でこんな大きな古墳を作らせる事が出来た人物はいったい誰なのでしょうか。
    そしてこれだけの観光資源がもうひとつ生かされていないのはとてももったいない事だと思いました。
    スポンサーサイト

    【2016/06/14 22:09】 | 寄り道
    |
    今年の桜は曜日や天気の関係もあり見ごろが短かった様な気がします。

    近所のお寺の桜
    DSC_1212.jpg

    この写真は月曜日(4月4日)に撮ったものです。
    DSC_1214.jpg

    ほぼ満開で綺麗なのですが曇り空なのが残念なところです。
    DSC_1216.jpg

    寒の戻りもありなかなか咲けず一気に咲いた感じです。
    DSC_1217.jpg

    DSC_1219.jpg

    木曜日に雨が降り大分散ってしまいました。
    DSC_1228.jpg

    この写真は昨日(4月8日)に撮影したものです。
    DSC_1224.jpg

    本当に桜の花は儚いものですね。
    DSC_1226.jpg
    でもこの儚さも桜の花の魅力の一つですよね。
    そして私はまた一つ歳をとりました(笑)。

    【2016/04/09 16:54】 | 寄り道
    |
    先日倉敷に仕事に行ったら現場で少し時間が空いてしまったので美観地区周辺を散策してみました。

    既に夕方だったので夕日に染まりつつあります。
    DSC_0678.jpg

    美観地区には昔ながらの佇まいを残す色んなお店が有ります。
    DSC_0711.jpg

    DSC_0707.jpg

    DSC_0708.jpg

    中央を流れる倉敷川の北端には数羽の白鳥がいました。
    DSC_0716.jpg

    倉敷川が流れるメインの通りから北東に路地を入り石段を登ると倉敷の総鎮守である阿智神社があります。
    DSC_0700.jpg

    正面にある拝殿
    DSC_0685.jpg

    DSC_0689.jpg

    拝殿の奥にある本殿
    DSC_0691.jpg

    入口入って右手にある能舞台
    DSC_0698.jpg

    そして入口入って左手にある絵馬殿
    DSC_0693.jpg

    この絵馬殿実はこんな風にほぼ宙に浮いたように建っています。
    DSC_0684.jpg

    絵馬殿の中からは倉敷の町が一望できます。
    DSC_0694.jpg

    今回仕事の合間に立ち寄っただけですが意外といい所だなと再認識させられました(笑)。
    美観地区は観光客だけが行くそんなに大した事が無い処とたかを括っていた気持ちを改めるいい機会となりました。
    メインの通りだけでなく路地にも面白そうなお店や風情のある場所があるので皆さんもゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。

    【2016/03/21 17:32】 | 寄り道
    |
    今日(8月15日)ちょっとご縁があって金山寺(岡山市北区金山寺)に行って来ました。
    金山寺は天台宗のお寺で県道27号線の備前原駅と玉柏駅の間辺りを北に2km位上った山間にあります。

    DSC_0262.jpg
    最初に見えてきた市指定重要文化財の山門(仁王門)です。現在は修理中なのか足場が組んでありました。

    DSC_0280.jpg
    金山寺にはこれだけの指定文化財があるんですね。
    しかし残念ながら本堂と本堂の中に納められていた文化財は2012年の火災により焼失してしまいました。

    DSC_0270.jpg
    山門から上に登る階段は土が雨水で流れたのか少し歩きにくかったです。

    DSC_0285.jpg
    上を見上げると三重塔の上部が少し見えます。

    DSC_0275.jpg
    少し上り左手にあるのは県指定重要文化財の護摩堂です。

    DSC_0287.jpg
    次に正面に本堂の跡なのか束石だけが残る広場の様な所が現れます。
    右奥に見える石段を更に登って行きます。

    DSC_0289.jpg
    途中竹が倒れて道を塞いでいます。

    DSC_0298.jpg
    竹をかいくぐって更に登ると左手に小さなお堂(私には名前が分かりませんが)があります。

    DSC_0308.jpg
    お堂の左側の石段を見上げるとこれも県指定重要文化財の三重塔が見えます。

    DSC_0315.jpg

    DSC_0322.jpg
    近付いて見ると想像以上に立派な三重塔でした。

    DSC_0317.jpg

    DSC_0319.jpg
    細かい木材が組み合わされて作られているとても手の込んだ建物である事が分かります。

    今日はお盆にも関わらず他の参拝者と会う事もありませんでした。
    全体的にやや荒れた印象も受けます。
    本堂が焼失してしまったとはいえ元は宇喜多氏の時代には寺社総管、江戸時代には備前国天台宗総管だったとても立派なお寺なだけに現在の状況は残念なかぎりです。

    【2015/08/16 00:12】 | 寄り道
    |
    金曜日にまた仕事で岡山市東区升田に行って来ました。

    前回行った「六番川水の公園」。
    DSC_0231.jpg

    そこから南に行くと児島湾に突き当たります。
    DSC_0211.jpg

    そこから横を見ると何やら海の上に小屋が突き出ています。
    DSC_0213.jpg

    小屋の前には網の様な物が付いています。
    DSC_0214.jpg

    これは「四つ手網」と呼ばれる魚を取る為の網だそうです。
    DSC_0221.jpg
    夜にこの網を海に沈めて集魚灯を点けしばらくして網を上げると魚が獲れるという物です。

    ここ升田から九蟠の間にはこの様な小屋がいくつも並んでいます。
    DSC_0227.jpg
    これらの小屋は借りる事が出来、小屋の中には獲れた魚を調理出来る流しや冷蔵庫、コンロなどが備え付けてあるそうです。
    中にはエアコンやカラオケが備え付けてある小屋もあるそうで意外と快適なのかも知れません。
    仲間同士で借りてわいわいしながら獲れた魚を調理して食べると楽しそうです。
    小屋を借りるには九蟠漁業協同組合に電話すると持ち主さんを紹介してくれるそうです。

    九蟠漁業協同組合:086-948-2073



    【2015/06/14 21:45】 | 寄り道
    |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。