中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日紹介する映画は1991年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター2」です。

    この映画は1984年に公開された「ターミネーター」の続編として制作されました。
    続編映画は1作目を超えられず駄作となってしまう事が多いのですがこの作品は1作目に負けないストーリーと1作目を遥かに凌ぐ映像表現により大成功を収めた稀な作品だと思います。
    その一番の要因は1作目と同じジェームズ・キャメロンが監督し十分に練り上げた上で制作されているからだと思います。
    映像表現については低予算で作られた1作目と既に有名監督となり大金を投じて作られた本作では比較してもしょうがないのですがやはり映像技術の進歩には驚かされます。
    特にCGで作られた最新型ターミネーターT-1000の液体金属の表現には驚かされました。
    しかし最近多い単にお金をかけて映像だけが凄い映画になっていないところはさすがジェームズ・キャメロンだなと関心させられます。
    具体的にはサラ・コナーがいかに自分の運命を受け入れ前作のお嬢様的なキャラから女戦士に変貌したのか、機械であるはずのターミネーターT-800とジョン・コナーのふれあいとそれを見守る母親としてのサラ・コナー等がきちんと描かれている点です。
    個人的にはターミネーターはこれで終わりでよかったと思っています。

    スポンサーサイト

    【2015/08/30 16:22】 | おすすめ映画
    |
    今日ご紹介するのは映画ではなくて2004年から全米で放映されたTVドラマシリーズの「GALACTICA/ギャラクティカ」です。

    このTVドラマシリーズは1978年に放映されたTVドラマシリーズ「宇宙空母ギャラクティカ」のリ・イマジネーション作品として製作されました。
    全米では大ヒットし多数のスピンオフ作品も作られた私の大好きなTVドラマシリーズですが日本では一部のSFファンを除きそこまで話題にならなかった様な気がします。
    「人類によって作られたアンドロイドのサイロンが突如反乱を起こし僅かに生き残った人類は唯一撃破を免れた宇宙空母ギャラクィテカを中心に船団を組み伝説の惑星地球を目指して逃走の旅に出る」という旧シリーズのおおまかな設定や登場人物は踏襲していますが格段に進歩した映像技術や独特な音楽、より深い人間ドラマにより極上の大人向けの作品に仕上がってると思います。
    また今回のシリーズでは人間と全く見分けがつかない人型サイロンが登場しより物語を面白くしていると思います。
    旧シリーズより格段にスケールアップした戦闘シーンは見所の一つですが人間ドラマも重視してるので全く戦闘シーンの無い回もあります。
    全体としては決して明るい作品ではなく旧シリーズより宗教や神話的な要素が強く陰鬱とした雰囲気で独特な音楽が更にその印象を強めていると思います。
    この辺りが好き嫌いの分かれるところかも知れません。

    【2015/08/23 17:39】 | おすすめ映画
    |
    今日(8月15日)ちょっとご縁があって金山寺(岡山市北区金山寺)に行って来ました。
    金山寺は天台宗のお寺で県道27号線の備前原駅と玉柏駅の間辺りを北に2km位上った山間にあります。

    DSC_0262.jpg
    最初に見えてきた市指定重要文化財の山門(仁王門)です。現在は修理中なのか足場が組んでありました。

    DSC_0280.jpg
    金山寺にはこれだけの指定文化財があるんですね。
    しかし残念ながら本堂と本堂の中に納められていた文化財は2012年の火災により焼失してしまいました。

    DSC_0270.jpg
    山門から上に登る階段は土が雨水で流れたのか少し歩きにくかったです。

    DSC_0285.jpg
    上を見上げると三重塔の上部が少し見えます。

    DSC_0275.jpg
    少し上り左手にあるのは県指定重要文化財の護摩堂です。

    DSC_0287.jpg
    次に正面に本堂の跡なのか束石だけが残る広場の様な所が現れます。
    右奥に見える石段を更に登って行きます。

    DSC_0289.jpg
    途中竹が倒れて道を塞いでいます。

    DSC_0298.jpg
    竹をかいくぐって更に登ると左手に小さなお堂(私には名前が分かりませんが)があります。

    DSC_0308.jpg
    お堂の左側の石段を見上げるとこれも県指定重要文化財の三重塔が見えます。

    DSC_0315.jpg

    DSC_0322.jpg
    近付いて見ると想像以上に立派な三重塔でした。

    DSC_0317.jpg

    DSC_0319.jpg
    細かい木材が組み合わされて作られているとても手の込んだ建物である事が分かります。

    今日はお盆にも関わらず他の参拝者と会う事もありませんでした。
    全体的にやや荒れた印象も受けます。
    本堂が焼失してしまったとはいえ元は宇喜多氏の時代には寺社総管、江戸時代には備前国天台宗総管だったとても立派なお寺なだけに現在の状況は残念なかぎりです。

    【2015/08/16 00:12】 | 寄り道
    |
    今日紹介する映画は1989年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の「アビス」です。

    この映画はジェームズ・キャメロン監督の映画にしては珍しく興行的に成功しなっかったので知名度はやや低いかも知れません。
    私は結構好きなのですが賛否両論あるのも確かです。
    深海で繰り広げられる緊張感あるドラマが素晴らしいと思うのですが。
    巨大な水槽のセットを作って撮られたシーンの数々は臨場感満点です。
    また、生きている様な水の表現でCGが使用されこの成功が「ターミネーター2」に出て来るT-1000の液体金属の表現に繋がったそうです。



    【2015/08/09 21:51】 | おすすめ映画
    |
    暑い。暑過ぎです(;´Д`)
    皆さん本当に熱中症には気をつけて下さいね。

    さて、今日紹介する映画は1985年に公開されたロバート・ゼメキス監督の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。

    この映画はタイムトラベル物としてとてもよく出来た作品です。
    何よりタイムマシーンに改造されたデロリアンがとてもカッコいいです。
    映画の大ヒットにより主人公マーティ・マクフライを演じたマイケル・J・フォックスは一躍大スターになりましたがマーティの親友でちょっと怪しい発明家のドクを演じたクリストファー・ロイドの快演も光ります。
    ストーリーも30年前の過去にタイムスリップしたマーティがドクの助けを借り父と母をくっつけようと奔走する姿に最後までハラハラさせられます。
    なお本作は「part2」「part3」と続く3部作の1作目に当たりますが単体の作品として十分面白いと思います。

    【2015/08/03 22:08】 | おすすめ映画
    |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。