中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日映画レビューとして紹介するのは2013年に公開されたクリストファー・ノーラン制作、ザック・スナイダー監督による「マン・オブ・スティール」です。

    この映画は誰もが知るスパーヒーローの原点「スーパーマン」のリブート作品として作られました。
    これにより2006年に公開された「スーパーマン リターンズ」は無かった事になりました(笑)。
    そして今回の作品は悪くは無いけど私が知っているスーパーマンとは大分印象が違う作品に仕上がっています。
    人々が危機に陥ったとき颯爽と現れて助けてくれるという爽やかなイメージとは程遠いダークなヒーローになりました。
    コスチュームも今までの作品より黒っぽくなりスーパーマンの体形も大分マッチョになりました。
    この作品で良かったのはスーパーマンの故郷クリプトン星から物語が始まりスーパーマンが地球に来る事になった過程と地球に来てからスーパーマンとして覚醒するまでを描いている事だと思います。
    ラストの敵、ゾッド将軍との戦いは迫力満点で2人の戦いで町を壊しまくります。
    確かに凄いとは思いますがスーパーマンの戦いではないなと思ってしまいます。
    スポンサーサイト

    【2015/10/25 21:51】 | 映画レビュー
    |
    今日おすすめ映画として紹介するのは1998年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督の「ソルジャー」です。

    この映画はどちらかと言えば地味な映画で興行的にも成功したとは言えませんが私は結構好きな作品です。
    人間兵器ソルジャーとして育てられ戦いのみのに生きてきた主人公トッドは新型ソルジャーとの戦いに敗れたことから廃棄処分されてしまいます。トッドのその後に待つ戦いとは?
    まず主人公のトッドを演じたカート・ラッセルの演技が光ってると思います。
    主人公なのに殆どしゃべらず寡黙な戦士が廃棄された惑星に住み着いていた住人との触れ合いにより少しずつ人間性を取り戻していく様子を見事に演じていると思います。
    最後に初めて他人を守るために戦う場面は燃えます。
    あとこの作品に登場する宇宙船等のメカはどこか無骨でレトロな雰囲気が漂っています。
    近年はバイ○ハザードシリーズなど駄作を撮り続けいる印象のポール・W・S・アンダーソン監督ですが(失礼w)この作品はいいと思います。

    【2015/10/12 17:06】 | おすすめ映画
    |
    今日おすすめ映画として紹介するのは2008年に公開されたジョン・ファヴロー監督の「アイアンマン」です。

    この映画は目立ちたがりの中年オヤジが主人公という珍しいヒーロー映画です。
    主人公のトニー・スタークは軍事企業の社長ですが自分がテロリストに襲われて捕らえられた時に自社の武器が使用されていたことかそれまでの行いを改め自分で今迄売って来た武器を破壊しようとパワードスーツ「アイアンマン」を開発します。
    このパワードスーツのデザインがスタイリッシュでカッコイイです。
    生身の体の上に装着して行くのですが日本の特撮ヒーロー物の様に一気に変身するのではなくちゃんと装着の過程を見せているのがいいと思います。
    またトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrが目立ちたがりの中年オヤジという役に見事にはまっていて適度なユーモアが入る事により全体的に楽しく観る事が出来ます。
    アイアンマンである事を黙っておく様に言われていたがマスコミの前でつい我慢出来なくなって自分で正体をばらしてしまうラストシーンも楽しいです。
    主人公が「アイアンマン」を開発した理由にはやや都合が良すぎる印象を受けますがそれまでに無い新たなヒーロー像を作り出す事に成功していると思います。
    この「アイアンマン」は世界中で大ヒットし現在までに3作が公開されています。

    【2015/10/04 22:24】 | おすすめ映画
    |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。