中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日おすすめ映画として紹介するのは2002年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の「マイノリティ・リポート」です。

    -西暦2054年のワシントンD.C.では殺人予知システムの導入と犯罪予防局の働きにより殺人発生率は0%になっていた。
    犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンも日々職務に励んでいたがある日、自分自身が見知らぬ男性を殺してしまうという殺人予知が出てしまった。
    自分は無実であり陰謀に巻き込まれたと確信したジョンはその場から逃亡を図った。
    ジョンは陰謀の真実を突き止め自らの無実を証明出来るのか?-

    予知能力者が見た夢によって犯罪が予知されるされるという設定がSF的で非常に面白いです。
    また「ブレドランナー」などとはまた違った未来都市像が興味深いです。
    追う立場から追われる立場になったジョンがどうやって追っ手を振り切りながら真実を突き止めて行くのか最後までハラハラさせられます。
    こ難しい退屈な作品になりそうな題材をエンターテイメント作品に仕上げたスティーヴン・スピルバーグ監督の手腕は流石だと思います。


    スポンサーサイト

    【2016/02/07 18:02】 | おすすめ映画
    |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。