中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今後、私の独断と偏見によるおすすめ映画を紹介して行きます。
    まず最初に紹介するのは「ブレードランナー」です。


    今ではSF映画の金字塔として認知され私も大好きな映画ですが、1982年の公開当時はあまり話題にならずさほどヒットしませんでした。
    当時主流だった「スターウォ-ズ」を代表とする様な派手な冒険活劇ではなく宇宙船同士の派手な戦闘シーンもありません。
    その事が影響しているのかも知れません。
    本作の最大の魅力は2019年のロサンゼルスという架空の未来都市の世界観を圧倒的な映像美で見せている事だと思います。
    それまでのSF映画の未来都市とは全く違う陰気で混沌した新たな未来都市像を作り上げる事に成功していると思います。
    この事は後の映画に多大な影響を与えています
    監督のリドリー・スコットは凝り性として知られており、彼ののこだわりが見事に実を結んだのではないかと思います。
    もちろん俳優陣も素晴らしいと思います。
    「スターウォ-ズ」の時とは違う渋い演技を見せるハリソン・フォード、圧倒的な存在感で適役を演じたルトガー・ハウアー、神秘的な魅力を見せるショーン・ヤング等々。
    そしてヴァンゲリスの音楽もこの映画の魅力を高めていると思います。
    因みに「二つで十分ですよ」は映画冒頭でスシバーのおやじが主人公のデッカードとのやりとりの中で日本語で言った言葉です。
    スポンサーサイト

    【2015/05/17 22:15】 | おすすめ映画
    |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。