FC2ブログ
    中年会社員がネットショップ運営や日常等を気ままに書くブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    梅雨も明けて夏本番です。
    暑さも本番なので熱中症には気をつけて下さいね。

    さて、今日紹介する映画は1987年に公開されたポール・バーホーベン監督の「ロボコップ」です。

    殉職した警官がサイボーグとなって悪と戦うという日本で作れば子供向け特撮ドラマになりそうな題材を大人も楽しめる(むしろ大人にしか楽しめない)エンターテイメント作品に仕上げたポール・バーホーベン監督の手腕はさすがです。
    もっともロボコップのデザインは日本の特撮ドラマからヒントを得ているそうです。
    映画の内容はヒーロー映画としてはあまりにブラックで残虐シーンも満載です。
    特に前半のマーフィーの殺害シーンは残虐過ぎてテレビ放送では一部カットされた程です。
    その後ロボコップとして再生されたマーフィーが生前の記憶を少しずつ取り戻し苦しみながらも最後は人間として生きていこうとする姿にはジーンと来ます。
    ラストで名前を聞かれ笑顔で「マーフィー」と答える所は一番の名シーンだと思います。
    この映画には続編の「2」「3」があり昨年にはリメイク版も公開されましたがどれも本作にはおよばないと思います。

    スポンサーサイト

    【2015/07/26 00:06】 | おすすめ映画
    |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。